ブレスコーポレーションの理念

  • 一、これまでの医療だけでは出来なかった根本的解決を実現いたします。
  • 一、臨床に基づいた科学的根拠のある独自のプログラムを提供いたします。
  • 一、うつ・依存症・神経症が招く、生き辛さの解消に努めます。
ギャンブル、アルコール、薬物、パニック障害、…
依存症・神経症は多岐に及びます。どれをとっても、いずれ自身のコントロールを失い、生活は破綻し、最後には孤独が待っています。
わかっていても、自分を止められない、、、結果、家族や友人を巻き込み、たくさんの人を傷つけてしまう。依存症や神経症は本当に恐ろしい病気です。
私たちが言えることは、ひとつ。一人で悩まないでください。これらは必ず克服できます。私たちは依存症・神経症に対して、的確な措置を取っていきます。
「必ず、解決させてみせる」これをスローガンに開発したメソッドの効果は実証済みです。どうか、新しい人生を生きるため、ここで依存症・神経症を解決しましょう。
全国組織で、皆様の声に対応させていただき、必ず回復・克服へ誘います。

代表からのメッセージ

私たちブレスコーポレーションは2018年、大阪にて依存症の回復施設として、その歩みをスタートしました。以来、依存症問題を抱えられたご本人、ご家族をサポートさせていただくなかで、私たち自身も成長してまいりました。国内でも数少ないTMS治療設備も充実しています。
ブレスコーポレーションで回復の道を歩んだ方が、家庭、職場、地域に戻り、新しい生き方を続けています。なかにはスタッフとして他の方の回復のために活躍する者もいます。これこそが私たちの結果であり、誇りとなっています。依存症は複雑な問題ではありますが、私たちは「回復できる」と信じています。この揺るぎない信念のもと、回復支援や社会復帰支援、予防や再発防止に資する活動を通して、社会のセーフティネットをつくることが、スタッフ一同の使命です。

ブレスコーポレーション5つの特徴

ブレスコーポレーションの歴史(沿革)

2015年 4月 一般社団法人どんぐりの会 リワーク太子橋開設
2017年 7月 一般社団法人どんぐりの会 リワーク守口開設
2018年 5月 ブレスコーポレーション株式会社 資本金1000万円で設立
8月 代表取締役 中川健司が著書「依存症回復と自己実現」を出版
脳科学に基づいた依存症回復プログラム「ブレスメソッド」を発表
2019年 1月 ブレスコーポレーション リライフ守口ケアセンター開設
2月 TMS磁気治療機など「高度医療機器の販売・貸与業」の許認可取得
心療内科・精神科にTMS磁気治療機の販売・貸与をスタート
4月 空手・ヨガスタジオ開設
6月 毎日放送(MBS)ミント「特集 脳に注目する依存症回復施設」として紹介
8月 官民一体行事「職業マッチング」に参加
ブレスコーポレーション第三者割当により資本金を5000万円に増額
2020年 7月 依存症・神経症総合支援システム「ブレスメソッド」を特許出願
2021年 3月 TMS経頭蓋磁気刺激遠隔操作システムを特許出願
8月 ブレスコーポレーション4階建「男性寮」購入
9月 ブレスコーポレーション「女子寮」開設
プレスリリース「専用寮でアルコール依存症や摂食障害などを回復支援する大阪のリハビリ事業所が女子寮をオープン」を発表
大阪ダルク/フリーダム(精神保健福祉士)倉田めばさんをスーパーバイザーに招聘
「ブレスメソッド」をアップデート<内観療法の強化(マインドフルネス・瞑想の定例化)と参加者それぞれに合わせた運動プログラムの適用>
倉田めばさんとブレスコーポレーション家族会を結成
一般社団法人ペアレンツキャンプ 「家庭教育支援センター」と連携協議
10月 プレスリリース「医療連携の独自プログラム「ブレスメソッド」がアップデート 依存症・神経症・うつ・ひきこもりなどから最短6ヶ月で就労まで回復」を発表
12月 日本精神障害者リハビリテーション学会 正会員
プレスリリース「閉鎖病棟に収容された重度アルコール依存症患者が 自立するまでの回復プロセスをデータで可視化することに成功」~脳に注目した回復プログラム「ブレスメソッドの成果~」を発表
大阪府主催「第2回 障がい者職場体験マッチング会」に出展